繁殖防止が大切|被害を出す前にハチ退治をやってもらいましょう

被害を出す前にハチ退治をやってもらいましょう

繁殖防止が大切

シロアリ

浸食とその場所

木造住宅において、天敵ともいえるものにシロアリが挙げられる。シロアリは、住宅の土台など重要な部分を侵食されることで、建物そのものの強度に大きく影響し、ひどいケースでは倒壊を招きかねない。また、シロアリ被害については、日常生活の中で気付かないうちに侵食されていることも多く、状況を悪化させていることもある。シロアリ駆除では、早めに発見し、柱などの侵食が浅いうちに対処を行わなければ、家全体の修繕を行う必要が出るなど被害が大きくなってしまう。一般的に、シロアリは水回りなど比較的湿気が高い場所に発生しやすく、これらの場所については特に対策が必要になる。シロアリ対策を行う場合には、お風呂場回りやトイレ回りなどを特に行うと良い。

事前の対応

シロアリが繁殖してしまうと、家の侵食がされていってしまうため、繁殖する前に対策が必要である。その対策としてあるのが、シロアリ発生を防止するコーティングなどの活用である。これらについては、シロアリが柱などに繁殖することを防止し寄せ付けないための対策になる。一度繁殖してしまうと、その後の駆除が難しくなるため、防止することが重要である。最近の新築住宅などでは、予めコーティングが施されていることが多くなっており対策されている場合がある。しかし、これらのコーティングについては経年とともに劣化していき、効力が低下してしまう。そのため、一定期間が過ぎた場合には、再度コーティングし直してもらうなど、対策する必要がある。