被害を出す前にハチ退治をやってもらいましょう

命の安全を守る

蜂

室内にハチが入ってきた時は慌てず、まず害虫がアブなど別の虫ではないかを確認しましょう。また家に巣ができた場合、ハチノコを採りたい方であれば、個人で薬剤を用いずにハチ駆除をします。その際は必ず防護服を着用しましょう。

もっと見る

害虫の悩みを解決

駆除

害虫にも色々な種類があります。一般家庭で一番悩まされているのがゴキブリでしょう。市販の薬剤を使用して駆除するのも良いですし、自分の力では駆除をしきれない場合は害虫駆除専門の業者に依頼するのが確実です。

もっと見る

最も危険な害虫に注意

ハチ

民家の軒下などに営巣

ハチというとむやみと恐ろしいイメージがありますが、元来はそれほど凶暴な性質を持っているわけではありません。ただ、集団生活を基本とするハチは自分たちの巣が攻撃されるかも知れないと感じると、激しい防御反応を示します。そのため、人間が知らず知らずのうちに巣の近くを通りかかったりすると、攻撃をしかけてくるのです。人間に対する被害報告の多いハチは、ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの3種類です。いずれも民家の軒下や天井裏、庭木の枝など、人間の生活圏内に営巣することで知られています。巣を見つけた時は、なるべくハチを刺激しないよう、距離を置くようにします。しかし縁先や玄関のすぐ近くなどに巣を作られてしまった場合や、子供のいる家庭などではできるだけすみやかに退治する必要があります。

不安な時は専門業者に相談

ハチはその種類に関わらず、基本的には殺虫剤で退治できます。ホームセンターや通販サイトなどでは、ハエや蚊向けのものより強力なハチ・アブ専用のスプレー式殺虫剤が売られており、手軽に入手できるので人気があります。ハチを完全に退治した後は、巣を取り除いてビニール袋などで密閉し、燃えるゴミとして処分します。注意が必要なのは、退治する時は防護服を着用して安全対策に万全を期すことです。特にスズメバチやアシナガバチは、刺されると命にかかわることもあるので大変危険です。またミツバチも、集団に襲われるとアレルギー性のショック症状を引き起こすことがあります。自力での退治に少しでも不安がある時は、専門業者に駆除を依頼するのが賢明です。業者を選ぶときは口コミサイトを利用するのがおすすめです。業者に対する評価が投稿されているので、これを確認して自分が頼むところを選びましょう。

繁殖防止が大切

シロアリ

シロアリは柱などに繁殖してしまうと、家の土台を崩し強度を弱めてしまうなど大きな問題になる。シロアリ対策を行う場合には、コーティングするなど事前の対策を行い、シロアリが付かないようにすることが重要である。

もっと見る